ハイスペックおじさんのなり方part3

皆さんは学生時代勉強はお好きでした?ちなみに小生は嫌いでした!なぜかというとテストの点数が良くて人に褒められても嬉しくなかったからで…ひねくれたガキですねwそして身に付けた知識が役に立つ実感がなかった。

しかし社会人になり資格を取る機会が増えてくると◯◯士や◯◯免許など自分に与えられる称号が嬉しくて勉強する楽しみが少し分かってきました。が、学生時代全く勉強しなかったせいで勉強に対する耐久性がなく30分もすれば頭がオーバーヒートしてしまいます。学生時代にテスト前に◯時間勉強したって言ってた同級生には今更ながら感心します。また、社会人になって知ったことですが学校から帰って予習と復習を短時間ながら毎日やっていたと言ってました。リアルにやってる人がいるとは思ってもいませんでした。テスト前の勉強全然してないよ!を真に受けて本当にしてなかった小生はバカで仕方ありませんw

少し前置きが長くなりましたが、勉強をしなかったからハイスペックおじさんになった訳ではありません。現に会社の同僚よりも資格を多く取り昇進もしました。同級生は将来の目標や今自分の立場(学生)をしっかり理解してやるべきことをやっていました。そして謙虚でした。小生は資格の称号が欲しくて勉強し、たまたま同僚より目立ったので昇進したにすぎませんでした。同級生は将来の目標や今自分が置かれている立場を理解して奢らず謙虚な姿勢が仲間を集め30才台で会社の取締役まで上りつめました。結果的に小生は自分が置かれている立場を客観的に見れず自分本意になってしまってました。

人の気持ちを読み取り謙虚な姿勢って絶好調な時ほど周りが見えなかったり時間とともに忘れがちで当たり前のようで当たり前にできないものです。初心忘るべからずとよく言ったもので長い人生を送るなかでモチベーションの管理の大切さに気づかされました。